ナレッジ

ようこそゲスト様

2016-11-20

1章 ID-POSデータの概要 2 POSデータとID-POSデータの違い

著:株式会社ショッパーインサイト データマーケティンググループ

監修:横浜国立大学 大学院国際社会科学研究院 准教授 寺本高先生

 前回は、ショッパーを対象としたマーケティング活動への関心が高まりつつあるため、ID-POSデータを用いてショッパーの行動を捉える必要があることを説明しました。しかし、既にPOSデータを用いた売場への提案を行っている企業も多いことから、POSデータとID-POSデータは何が違うのか、ID-POSデータを用いるとPOSデータでは見られなかったどのようなことが見られるのか、という質問をよくいただきます。
 そこで、第2回目は、POSデータとID-POSデータの違いを説明した後に、ID-POSデータを用いればどのような分析が可能なのかを明らかにします。

(1) POSデータとID-POSデータの違い

ID-POSデータとは

 ID-POSとは、POSデータに顧客を識別できる情報が付加された顧客データを指します。POSデータではわからなかった、「誰が」買ったかがわかるデータになっています(図表 1)。

ページトップへ