ナレッジ

ようこそゲスト様

2016-08-04

[インタビュー]
来るべき企業環境激変の時代をいかに生き抜くか
需要創造の時代を切り開くスーパーマーケットの顧客創造戦略 第7回

 このインタビューシリーズは、各メーカー企業のマーケティング・営業企画・商品開発等のご担当の方に向け、戦略構築の視点を提供するインタビューシリーズとして企画されました。インタビューでは、前)日本スーパーマーケット協会専務理事の大塚 明氏をお招きして、今後想定されるスーパーマーケット業界の環境変化に伴う課題と将来戦略に関し伺っていきます。

Vol7.今後のスーパーマーケットのイノベーション・戦略はいかにあるべきか-その3 -スーパーマーケット生き残り戦略:前篇ー

これまで伺ってきた将来の市場環境の変化に伴う課題・問題点を踏まえ、今後、スーパーマーケットがとるべきイノベーション・戦略の方向性について幅広い観点から伺っていきます。今回はその3回目です。

前回、これからは、従来の業態フォーマットの壁を取り払った業態多様化の生き残りをかけた競争になるとご指摘をいただきました。具体的展開は、企業ごとの置かれた立場や考え方によって違ってくると思いますが、この厳しい競争で生き残る為には、どのような戦略・戦術が考えられるのでしょう。難しい質問とは存じますが、お考えを伺えればと存じます。

生き残り戦略構築へ向けて ~生き残るための5つの視点~
  • ・今後の戦略を構築するにあたり重要なポイントは、それぞれの企業が独自性を如何に発揮するかにあるというお話をさせて頂きました。そうなると戦略は企業の数だけあることになりますので、ここでは、スーパーマーケットの戦略構成要因を中心に5つの視点からお話しさせていただきます。ポイントは、「商売を変える」「店舗を変える」「商品を変える」「M&A戦略を変える」という改革策に加え、「変化に慎重になる」というドメインを守る策ということになります。生き残り戦略構築の視点整理に、役立てていただければ幸いです。
ページトップへ